Column List

  • 鍵の種類について

    鍵の種類について

    鍵の種類について知識を持っている人は多くはないと思います。 南京錠やチェーンロックなど、普段使ったり有名な鍵の種類程度ならば分かるという程度の人が多いのではないでしょうか? そこで、鍵の種類について詳しく説明をすると共に、どういった場合にどういった鍵が有効であるかについて簡単に説明をしていきましょう。 鍵に関する知識が深まれば、より防犯性能が高く使いやすい鍵を求める判断材料にもなります。 専門の鍵業者に聞けば簡単な説明をしてもらう事ができますが、詳しい情報となればある程度自分で調べる事も必要です。

    詳しくはコチラ
  • 鍵と防犯

    鍵と防犯

    防犯対策として設置する鍵ですが、鍵の種類や鍵の設置場所というのは素人には判断が難しいポイントです。 そのため、知識を持たない状態で鍵を設置した結果、防犯効果が低くなってしまう事があります。 せっかく設置するのであれば、できる限り適材適所の鍵選びをするべきでしょう。 そこで、場所ごとにどういったタイプの鍵を設置するべきかについて簡単に説明をしていきます。 知識として説明はしますが、実際に設置する場合はプロの鍵業者に細かい判断をしてもらうべきでしょう。 家庭によって、住む地域や環境は大きく違うため、その場その場での適材適所を判断する必要があります。

    詳しくはコチラ
  • 侵入の手口

    侵入の手口

    泥棒に侵入されて被害に遭ってしまったら…不安に感じる人は多いですよね。 そこで、泥棒や強盗がどういった手段で施錠された家屋に侵入して来るかについて説明しておきます。 また、どういった対策が有効であるかについても話を進めて行こうと思います。 鍵を設置すれば安心というのではなく、どういった鍵をどういった場所に設置するのかというのが重要です。 トラブルが発生する前に、一度プロの鍵業者に依頼して防犯対策をしっかり行っておくべきでしょう。 特に何年も鍵を交換していないという場合、泥棒は鍵開けの方法について熟知している可能性もあります。 できれば最新の鍵に交換して、防犯効果を高めておきましょう。

    詳しくはコチラ

鍵についての基礎の基礎

鍵の存在意義

鍵の役割は、なにかしらを保護するというものです。例えば、玄関の鍵であれば外敵が家の中に侵入するのを防ぐという目的があります。
金庫の鍵であれば、中に入っている貴重品などを他人から守るという役割を持ち、これは車やバイクなどの鍵も同様です。
こうした、なにかしらの外敵やトラブルから身を守るというのは、自分だけでなく家族や恋人を守る手段にもなります。
自分が家にいない時、家族を守る事ができる手段の一つが鍵の設置であるわけです。
トラブルというのは事前に挨拶をしてやってくるものではないため、突然に窮地に立たされる事になります。
そういった危機的状況が発生しないようにするための存在、これが鍵というものなのです。

鍵がなければ

もし鍵が存在しなければ、外敵はスルリと家の中に侵入する事ができます。
これは強盗や泥棒かもしれませんし、時には熊などの野生動物の可能性もあります。
もし、外敵が侵入してきた場合には家族や自分自身がなんらかの被害に遭うかもしれません。
金品や貴重品を盗まれるだけでなく、襲われて怪我をしたり命を奪われてしまう事もあり得ます。
また、金庫が存在しなければ重要な書類や印鑑を盗まれてしまい、財産を失ってしまう事にも繋がります。
こうした被害を抑える事ができるのが、鍵という存在です。

後悔する前にしっかりチェック

鍵を設置していない場合、なんらかのトラブルに巻き込まれる可能性はとても高くなります。
泥棒の場合、鍵がかかった家よりも鍵がかかっていない家を狙って盗みを働くため、鍵があるだけで被害を抑止する事が可能です。
鍵が壊れたままで放置しているという人もいますが、ある日泥棒に侵入されて貴重品を盗まれてしまうかもしれません。
鍵さえしっかり直しておけばと後悔しても、失ったものは取り戻せないという可能性もあります。
現代社会で生きる上でのリスクをできる限り回避する方法が鍵の設置であり、重要となります。
壊れてしまった場合には、早めに鍵屋に修理や交換を依頼するべきでしょう。