住宅の防犯

住宅の防犯

住宅とは睡眠や食事、休日など1日の多くを過ごす場所ですから、防犯意識も自然と高くなる場所です。
眠っている時に泥棒などが侵入して来れば、為す術無く被害を被ってしまう事になります。
多くの時間を過ごす場所であるからこそ、しっかりと鍵を掛けて安心して眠りたい所ですよね。
では具体的にどういった防犯対策ができるのかと言えば、非常に受け身な対策となります。
受け身というのは、被害を未然に防ぐのではなく被害を受けた際にリスクを小さくするという意味です。
泥棒がそもそも近づかない家にするためには、泥棒に向けて防犯をアピールする必要があるわけです。
では、具体的にどの様にアピールが効果的であるかについて少し紹介をしてみましょう。

防犯対策のアピールとは

防犯対策をアピールする方法としては、「カメラ作動中」などの一文を書いたパネルを玄関に設置するなどがあります。
泥棒からすれば、わざわざカメラで撮られている可能性がある家に侵入しようとは思いません。
そのため、この一文は非常に効果的な防犯対策となります。
しかし、実際にカメラを設置していないのではもし泥棒が本当に盗みに現れた時に困ってしまう事になります。
そもそも、カメラだけでは侵入を防ぐ事はできず、あくまで証拠として提出できるというだけです。
大切な貴重品や家族を被害から守るのであれば、カメラよりも鍵を強化した方が確実に有益です。
しっかりとした鍵が設置されていれば、泥棒は進入するのを諦めるため被害を受ける前に防ぐ事ができるわけです。
防犯対策は1つだけでなく、複数同時に行うことで相乗的に安全度を高める事ができます。

不安を解消する豆知識

もし、家に泥棒が侵入してきたら・・・考えただけでも不安になってしまいますよね。
そこで、より具体的な住宅の防犯対策について紹介していきます。
現代では、ほぼ全ての人が外出中や睡眠中には施錠を行っています。
それにも関わらず、泥棒などの被害に遭ってしまった人は少なからず存在します。

実は、この施錠をしていても被害にあったという人に共通しているのが、鍵が1つしか無いという点です。
複数の鍵を利用してロックをかけているという場合、大きく被害に遭う確率が下がります。
つまり、防犯対策として効果を高めるのであれば、1つの鍵ではなく複数の鍵を利用するべきでしょう。
複数の鍵を毎回施錠するのは面倒かもしれません。
しかし、もし被害にあったらというもしもの可能性を考えてしっかり施錠を行うべきです。
後悔先に立たず、トラブルに巻き込まれてから後悔しても手遅れというケースもあるため、事前にしっかりと対策をしておきましょう。