ディンプルキー

ディンプルシリンダー

現在、多くの場面で活躍しているのがディンプルシリンダーという機構を持った鍵です。
これは、キーの裏表にくぼみが作られており、このくぼみがポイントとなります。
ディンプルシリンダーが普及する以前は、くぼみの無い鍵が一般的に利用されていましたが防犯性能の面で不安がありました。
その理由とされるのが、ピッキング被害の増加であり、簡単にピッキングされ泥棒が屋内に侵入してしまうためです。
そこで、鍵の表面にくぼみを作る事によりピッキング対策を行い、同時に複製が難しいという形状を実現しました。

高い防犯性能

ディンプルシリンダー型の鍵の特徴とされるのが、高い防犯性能です。
これは複製が非常に難しく、またピッキングも難しいため泥棒の侵入を防ぐ事ができるという理由があります。
質の高いディンプルキーの場合、この防犯性能は従来型の10倍以上とされます。
高い防犯性能を持っているという事から、現在では数多くの場面で利用されている非常に優秀な鍵です。

構造

ディンプルキーの構造としては、基本的な考え方はピンシリンダーと同様です。
キーを鍵穴に押し込むと、内部のピンがくぼみにはまりながら移動します。
鍵の形が合っている場合は、ピンの位置が綺麗に並ぶ事で鍵を回すことができるという構造です。
ピンの数が増え、立体的に配置されることでピッキングには10倍以上もの手間と時間が必要になります。
この、複雑な内部構造が防犯性能を高めるための鍵となっています。
非常に高度なディンプルキーの場合、複雑に絡み合うピンをピッキングで解除するのは泥棒だけでなく鍵業者でも難しい場合があります。

複雑でも完全ではない

鍵というのは貴重品を保護する事を目的に作られているため、強固なロックがかかる必要があります。
しかし、このロックも開錠する必要があるため、絶対に安全というわけではありません。
複雑な構造であるため、ピッキングには時間がかかるものの、時にはピッキングされてしまうという事もあります。
では絶対にピッキングされない鍵を作れば良いと考える人もいるかもしれません。
しかし、完全に開ける事ができない鍵というものが存在すれば、それは鍵業者でも解錠する事ができない存在です。
そのため、キーを紛失したり鍵が壊れてしまったりなどのトラブルが発生した場合に、二度と中の物を取り出すことができないという状態になります。
こうした理由からも、絶対にピッキングされない鍵を作るというのは現在の技術では難しいでしょう。

プロの解錠方法

非常に高度な複雑な構造を持つディンプルキーを解錠するという場合、プロは鍵穴から解錠は行いません。
理由としては、鍵穴から解錠するのには手間と時間がかかり過ぎるというデメリットがあるためです。
では、どうするかといえば扉に設置された鍵部分を分解して解錠を行います。
泥棒の場合、鍵を分解して解錠するというのは時間がかかるだけでなく非常に目立つ事になります。
当然、音も大きくでるため泥棒にとってディンプルキーの設置された家屋に浸入するのは大きなリスクを伴う事になります。
こうした理由からも、現在ディンプルキーを利用してない場合には交換をお勧めします。
複雑な構造を持つ鍵を設置する事により、家の防犯能力は大きく高まります。
大切な家や家族を守るための出費と考えれば、一度の交換で長期的に効果を発揮する鍵はコストパフォーマンスの面でも優秀です。
今まで鍵の事を考えた事がないという人も、この機会に一度交換を検討してみては如何でしょうか?