ロータリーディスクシリンダー

ロータリーディスクシリンダー

ロータリーディスクシリンダーとは、鍵の内部に円形のタンブラーが設置された鍵の事です。
このタンブラーはロータリーディスクタンブラーと呼ばれ、鍵を挿入する事で回転します。
鍵が入っていない場合や鍵の形が合致しないという場合にはタンブラーが回転せず、ロック状態が維持されます。

このロータリーディスクシリンダーですが、タンブラー自体がロックの役目を果たしているわけではありません。
鍵の内部に設置された棒がタンブラーの回転を制御しており、鍵が入っていない場合は棒がタンブラーの回転を阻止します。
合致した鍵が挿入された場合、タンブラーと棒の凹凸が噛みあう事で鍵を回すことができるという構造です。

ピッキング対策としての効果

ロータリーディスクシリンダー型の鍵をピッキングするというのは、非常に難しいとされています。
この理由となるのが、内部のタンブラーと制御棒が噛みあっているかを判断する事が難しいためです。
手から伝わる感覚だけを頼りに鍵を開くピッキングでは、正しく合致しているかどうかを確認する手段はありません。
そのため、ロータリーディスクシリンダーキーはピッキングに強いとされています。

進化するピッキング対策

現在販売されている最新型のロータリーディスクシリンダーの場合、内部のタンブラーと制御棒には複数のダミーが作られています。
そのため、ピッキングにより内部の凸凹が噛み合わせる場合に、ダミーの凸凹の存在がピッキングを惑わせます。
間違った凸凹に合わせてピッキングを行っても、鍵を開く事はできません。

活躍の場の広さが特徴

ロータリーディスクシリンダーという言葉を聞いたことがないという場合でも、この鍵を利用した人は数多くいるはずです。
家庭だけでなく、学校やお店などあらゆる場面で使われている機構であり、この普及度が安全性の高さを裏付けしています。
あらゆる場所で利用されているのは、犯罪防止性能の高さだけでなく取り付けが非常に容易であるというのも理由です。
ピッキングで解錠しようと思えば非常に困難ですが、分解してしまえば素早く設置や修理ができる鍵です。