侵入の手口

泥棒の目的

泥棒や強盗が家に侵入してくる目的となるのが、金目の物を盗んだり奪ったりというものです。
他には、暴行を加えたい、恨みを晴らしたいなども目的となる場合があります。
また、泥棒の多くは同じ場所や近い場所で何度も繰り返し犯罪を行う事が多いとされます。
そのため、近場で泥棒が発生したなどの情報があれば、普段以上に注意をする必要があるわけです。

まずはしっかり防犯対策

泥棒や強盗による被害というのは事前に予測する事ができないため、ある日突然に発生する事になります。
そのため、普段から日常的に防犯対策をしっかり行っておくのが被害を防ぐ事に繋がります。
警備会社の利用やカメラの設置など、対策は様々にありますが最も費用対効果が高いのが鍵の設置です。
しっかりと防犯性能の高い鍵が複数設置されていれば、泥棒にとっては入りにくい家となります。
一度設置すれば壊れるまで継続的に効果を発揮するため、非常に費用対効果が高い防犯設備であると言えるでしょう。

  • ピッキング

    ピッキングとは近年増加傾向にある、ピッキングによる泥棒の被害ですが、これは大きな脅威ですよね。しっかり戸締まりをして出かけたにも関わらず、帰ってきたら家の中が荒らされてい...

    詳しくはコチラ
    ピッキング
  • 合鍵に注意

    合鍵とはなにか合鍵というのは、基本となる鍵の複製でありスペアキーとも呼ばれます。どういった目的で作成するかと言えば、鍵を紛失してしまった際の対応策というのが一般的です。他...

    詳しくはコチラ
    合鍵に注意
  • 錠破り

    強引に鍵を破壊する錠破りピッキング対策として、ピンの仕組みが複雑な鍵を設置し、合鍵などもしっかり管理している。こういった場合には防犯対策は完璧であり、被害に遭う事は無いだ...

    詳しくはコチラ
    錠破り
  • ガラス破り

    ガラス破りとは玄関の鍵をピッキングや錠破りをして侵入してくるのではなく、窓ガラスを割って侵入してくる手口をガラス破りと呼びます。急増するピッキング被害はマンションなどを中...

    詳しくはコチラ
    ガラス破り