合鍵に注意

合鍵とはなにか

合鍵というのは、基本となる鍵の複製でありスペアキーとも呼ばれます。
どういった目的で作成するかと言えば、鍵を紛失してしまった際の対応策というのが一般的です。
他には家族に鍵を渡す場合や、恋人に部屋の鍵を渡すというケースもあります。
いずれにせよ、信頼できる人物にだけ渡す物であるため見知らぬ人に渡す物ではありません。
しかし、近年では信頼の証ともいえる合鍵を利用した犯罪が急増しています。
そこで、合鍵を使った様々な犯罪について詳しく紹介していきましょう。

様々な犯行

合鍵を持つのは、自分や家族、親しい間柄の人物だけですが、無関係の人が入手しているケースがあります。
例えば、マンションなどの賃貸を借りた不動産屋は合鍵を持っている場合があり、その鍵を利用した犯罪も実際に起きています。
また、付き合っていた恋人と別れた際に合鍵を返却してもらってない場合や、合鍵をさらに複製されていたケースです。
別れた恨みにより、嫌がらせや復縁を迫るなどのトラブルが発生しており、時には命に関わる事もあります。
もう1つ気をつける事としては、以前に住んでいた住人が合鍵を持っているというケースです。
基本的には、前の入居者が部屋を出た後には鍵の交換を行うという家主が多いですが、時には交換されていない場合もあります。
こういった場合、以前の住人が侵入して盗みを行うというケースが実際にあります。

どう対処するのか

合鍵を使った犯罪というのは、知人や元恋人などが犯人であるというケースが非常に多いとされます。
では、どの様に対策をするべきかですが、これは鍵を交換するというのが効果的でしょう。
引越しを行う場合には、不動産屋に鍵の交換を行っているかについてしっかりと確認を取りましょう。
交換を行っていないという場合には、その物件は回避した方が無難です。
大家や管理会社の防犯に関する意識が低さが、鍵の交換に現れているとも言えます。
また、恋人と別れた場合なども鍵を交換する事をオススメします。
自分では合鍵を渡していなくとも、恋人が勝手に合鍵を作成してしまっているという場合があります。
そういったケースでは、鍵を交換しなければこっそりと部屋に侵入されている可能性があるわけです。

合鍵は危険であると意識する

合鍵を使った犯罪では、ポストや庭の植木鉢の下に合鍵を入れており、それを使われてしまったという場合もあります。
家族が帰ってきた時のためになど、一時的に家の外に合鍵を置く人は多いですが、大きなリスクがあるという事を理解しておきましょう。 ちょっとした事ですが、もし被害にあえば取り返しの付かない状態になってしまう可能性もあるため、しっかり防犯意識を持って毎日を過ごすべきです。