ガラス破り

ガラス破りとは

玄関の鍵をピッキングや錠破りをして侵入してくるのではなく、窓ガラスを割って侵入してくる手口をガラス破りと呼びます。
急増するピッキング被害はマンションなどを中心に被害がありますが、ガラス破りはマンションや一軒家関係なく被害が発生しています。
ガラスを破るという方法から、マンションの1Fや2Fなど地面に近い場所が被害に遭う事が多いとされます。
大きな窓だけでなく、トイレや浴槽などの小さな窓から侵入してくるケースもあるため、窓が外面に接している場合には注意が必要です。
このガラスを破って進入する方法を使われた場合、鍵の設置では防犯効果を高める事は難しいとされます。
そのため、防犯のプロである鍵業者に相談し、防犯シートの設置やガラスの張替え、監視カメラの設置などの対策をする事をオススメします。

ガラス破りの種類

ガラス破りは様々な種類があり、その手口によっていくつかの呼び方に分けられています。
そこで、代表的な手口である「焼き破り」と「こじ破り」について、どの様にガラス破りが行われるかについて説明をしていきます。

まず、代表的な手口の1つとされるのがライターやガスバーナーを使ってガラスを熱して割る「焼き破り」です。
高温に熱せられたガラスは、割れやすくなるばかりか割れる際の音も小さくなります。
そのため、ピッキングやサムターン回しに変わり、この手口で住居に侵入してくる泥棒が増えているとされます。
この焼き破りの対策としては、防犯合わせガラスを設置する事で割れるまでの時間を長くする事が可能です。

ガラス破りの代表的な手口とされるもう一つが「こじ破り」と呼ばれる方法です。
これは、ドライバーなどの鋭い器具を使ってガラスに小さな穴を開けます。
そこに指などをねじ込み、少しづつガラスを割って進入するという方法です。
小さな穴を開けてそこからは手作業で穴を広げるため、ガラスの割れる音が小さく気付かれにくいとされます。
こうした方法の対策としては、割れた際に全面が割れて大きな音が出るタイプのガラスがオススメでしょう。
大きな音が発生した場合、泥棒は通報される可能性を考えて逃げ出します。
割れにくいガラスや音の大きいガラスなど、どういったガラスが最適かについては防犯の専門家である鍵業者に相談しましょう。

対策はプロに訪ねる

上記の侵入方法はあくまでも手口の一部に過ぎないため、ガラスを交換すれば解決するというものではありません。
もしもの事態に備えて、泥棒が侵入しやすい場所を事前に確認して対策を行う事が重要です。
鍵業者は防犯対策のプロでもあるため、相談すれば様々な対応策を教えてくれます。
どういった場所に危険があるかなど、専門家に詳しく話を聞くことでリスクを事前に抑える事が可能です。