錠破り

強引に鍵を破壊する錠破り

ピッキング対策として、ピンの仕組みが複雑な鍵を設置し、合鍵などもしっかり管理している。
こういった場合には防犯対策は完璧であり、被害に遭う事は無いだろうと考えている人もいるかもしれません。
しかし、泥棒の中には力任せにドアを破壊して進入するというケースもあるため、油断する事はできません。
ドアや鍵の隙間にバールの様な金属棒をねじ込み、テコの原理でドアを破壊するというものです。
非常に機構が複雑なディンプルキーを設置していても、力任せに破壊されてしまえば鍵の効果を発揮する事はできません。

乱暴な手口

錠破りは力任せにドアを破壊するため、非常に乱暴かつ大胆な手口の犯行です。
大きな音がでたり、時間が掛かってしまう事も多いため、犯行としては洗練されたものではありません。
証拠も多く残り、破壊のための器具も必要となるため、現在ではあまり使われる事の少ない手口でもあります。
では、どういった所でこの手口が使われるのかと言えば、マンションなどの集合住宅では無く一軒家に多いとされます。
一軒家の場合、家と家の距離が離れているため大きな物音がしても周辺の住人が気づかないという事も多くあります。
こうした理由から、一軒家の場合はピッキングに加えて錠破りについてもしっかり対策をする必要があるでしょう。

錠破りへの対策

しかし、ピッキング対策も同時に行う必要があるため、複雑な鍵の設置も必要である事は間違いないでしょう。
では錠破りにはどういった対策ができるかと言えば、簡単な方法としては鍵を複数設置するというものです。
鍵が複数設置されれば、鍵を力任せに破壊する事での錠破りは回避する事ができます。
ドアを破壊されるという場合には、ドアをより強固で頑丈にするというのが基本になります。
どれだけ多くの鍵や複雑な鍵を設置しても、ドア自体が軟弱な場合はドアごと破壊される事になるため効果はありません。

ガードプレートの設置と人の気配のアピール

ドアを強固な物に交換するとなれば、費用も非常に大きくなってしまいます。
そういった場合には鍵業者に相談すればガードプレートの設置をオススメされる場合があります。
ガードプレートとは、ドアに設置する補強具であり、錠破りに負けない頑丈さを付与する事ができます。
また、泥棒は家の中に人の気配を感じる場合は錠破りを躊躇するというのが一般的です。
そのため、出かける際にも小さな電気をつけておいたり、郵便物を常に片付けておくなども錠破り対策として有効とされています。
物理的な破壊を行う錠破りは、より強固な設備でしか対処できないため、狙われれば非常に危険な手口であるといえるでしょう。